仮審査と本審査の違い

カードローンでキャッシングを利用したい場合は申し込みをする必要があります。
ここで必ず審査というものが行われます。
お金を貸した相手がきちんと返済できるのかを判断する重要な過程になります。
カードローンのほとんどが、仮審査と本審査の二段階審査を行っています。

この二つの審査には違いがあり、たとえ仮審査に通っても本審査で落とされるケースもあります。
仮審査は申し込みをした時に名前や住所などの基本事項を入力し、それを基にコンピューターが自動で審査を行います。
基本データに加えて個人信用情報を照会したりして、融資可能な人物かどうかを判断します。

この仮審査は大変スピーディに行われることが多いです。
仮審査に通ると本審査に入ります。
本審査では収入や他社の借り入れ状況などを、さらに細かく確認します。
また自宅や職場への在籍確認もこの時点で行われることがほとんどです。
このほか多岐にわたるデータを総合的に判断し、審査の合否が決定されます。
本審査は仮審査と異なり、人の手による審査になります。
さまざまな項目が入念にチェックされます。

専業主婦でも借りれる消費者金融の情報を探している人は注意が必要です。
総量規制というお金を貸し出すことを規制する法律により、専業主婦は消費者金融からの借入はできなくなりました。
申し込みをしても審査には通りません。
三菱東京UFJ銀行のカードローンのような銀行のカードローンなら利用可能です。

もし申し込み時の記載に間違いがあったり虚偽の内容があった場合は、この本審査の時点で判明します。
特に審査に通るために年収を多めに記載したり、借り入れがあるにもかかわらず無しとした場合は大きく信用を失うこととなります。
もちろん申し込み内容が不完全だったり誤字脱字が多かったりしてもマイナスの印象になります。
元々申し込み資格がない人はもちろん審査に通りません。
以上のような審査の仕組みを十分理解したうえで、きちんと申し込みを行うことが審査通過の第一歩といえます。