キャッシングで株取り引きのためにお金を借りることは可能

各金融機関のキャッシングで借りた資金の用途というのは、事業運営のため以外なら自由に使えることが多くなっています。そのため、キャッシングで借りたお金で株取り引きを行うことは可能です。しかし、キャッシングで借りるお金は利息の割合が高くなっている点に注意が必要となります。ローンの金利は年利で5%以上になることも少なくないことから、長期で株式運用をすることは難しい状況があります。しかし、株式市場が何らかの要因で大幅に調整して、急激なリバウンドが期待できる時などは有効となってきます。数日から数週間のスイングトレードで5%から10%の値上がりが期待できる時は、キャッシングの利息を差し引いても十分な収益を得ることが可能となります。また、個別銘柄においても、値下がりをして大底を打って反転してきた時に株式を購入するなどのタイミングを図ることで、収益を得る機会が生まれてきます。しかし、株取り引きでは思惑に反して値下がりをした時には損切りをすることが非常に重要となってきます。